料理人を目指すなら専門学校に行こう|自分に合ったスクール探検隊!

コック

学校に通う

パティシエ

料理を作る仕事に携わりたいと考える方は、調理師専門学校に行くと良いでしょう。料理を作ったことが無い、包丁を持ったことが無いといった方も、調理師専門学校に通うことができます。基本から教わることができるので、経験のある方でも初めての知識が学べます。なので、経験の無い方でも安心して料理の勉強ができます。また、将来料理人になると考えていない方でも、一人暮らしや家族を持った際でも専門学校で学んだ経験を活かすことができますよね。料理の勉強ができる専門学校では、授業の8割は実習になり、技術や基本スキルを学べます。さらに、料理のことを学ぶことができる専門学校では、調理師免許だけでなく他の資格を取ることができます。その資格としては、食品衛生責任者、バリスタなどの資格を取ること可能です。資格を持っていれば、就きたい仕事の幅が広がりますよね。

料理のことを学ぶことができる専門学校では、グループだけでなく個人実習も行ないます。個人となると仕込みから仕上げまでの工程を自分で行ないます。自分一人で実習をすることで、苦手な工程を克服することに繋げられます。苦手分野を克服できれば就職した際でも困ることはありません。そのため、調理師専門学校では一人で行なう実習の授業も取り入れています。自分やグループで仕上げた料理は、講師がフィードバックしてもらえます。フィードバックしてもらうことで、自分が苦手なところを見つけられますよね。

社会人でもなれる

料理

社会人になると資格を取りたくても学校に通うのは大変ですよね。また、カフェを開きたい、バリスタの資格を取りたいという方は専門知識が必要です。そういった方は、社会人でも通うことができる専門学校があります。

技術と知識を付ける

お店

パティシエになりたいといった将来の夢を持っている方は、専門とする学校に通うことができます。パティシエの資格が取れる専門学校では、技術だけでなく食品知識を学ぶことができるところです。

専門の勉強ができる

料理

製菓専門学校では、お菓子やパンなど作ることができます。また、通うことで技術や知識を学ぶことができ、基礎を身に付けることが可能です。将来なりたい自分に合わせてコースを選択することができます。